解説(25日・たつ)

☆たつ年…街の夕宵美しきかな。出入り多くしてどことなく忙しい日

東京新聞TOKYO Web
平成29年11月25日から引用

1日の時間は限られております、そのため、やりたいこと、やらなければならないことをするべく、慌ただしい、忙しない日々を送ってしまうこともあるかと思います。

さて、心というものは、ゆったりとした穏やかな内側と、波立ち風巻く外側がございます。

常に穏やかでいられる人というのは、この内側の部分が広く、心が凪いでいる状態を維持できる人。

心落ち着かない人というのは、心の外側は、突風と荒波によって乱れ、内側の穏やかな所に辿り着くことができないのかもしれません。

しかし、誰でも、この内側の穏やかな心というのはございます。そこに回帰するためには、どうすればいいのか。

それは、心に空白を与えることです。常に何か物事に追われる日々、五感の刺激を求める日々というのは、心の波が常に荒立っている状態です。

そういった喧騒から離れ、美しいものを見て心を晴らしたり、何もせずじっと内観することで波を落ち着かせて、心の余裕を育んでまいりましょう。

やがて、穏やかで透き通る凪を得たとき、内側に輝く心によって、世を照らしていくことができることでしょう。

他の解説を読む

  • 解説(13日・たつ)解説(13日・たつ) ☆たつ年…俺がやったと恩を着せると逆効果になる。謙虚を忘れるな 東京新聞TOKYO Web 平成29年11月13日から引用 生きていくということは、他者と関わり合いながら生きるということ。1人で生きている […]
  • 解説(21日・たつ)解説(21日・たつ) ☆たつ年…何事を為すにも天命あり。天命を信じる者は万事吉 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月21日から引用 何かを成していく、それは、自分の頭で一生懸命考えたものでしょうか、それとも、ふと思い […]
  • 解説(14日・たつ)解説(14日・たつ) ☆たつ年…宇宙に満ちている霊性のエネルギーに目覚めて万事が貴く思える 東京新聞TOKYO Web 平成29年9月14日から引用 周りを眺めてみますと、他の人がおり、小鳥が鳴き、木々が風になびいております。 […]
  • 解説(9日・たつ)解説(9日・たつ) ☆たつ年…慚愧の心なくば畜生と同じ。大いに懺悔して開運を迎える 東京新聞TOKYO Web 平成29年8月9日から引用 毎日、一生懸命に過ごしていても、なかなか上手くいかないことがある、一体、どうして […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村