2021解説

過去は無かったことにするのではなく、ニュアンスを変えるべし

☆い年 前向きに生きることだけが生きるにあらず。後ろにも生きるパワーあり

東京新聞TOKYO Web
令和3年11月11日から引用

皆様は、順風満帆な人生を歩んできましたか。

それとも、何事においてもうまくはいかない人生ですか。

自分が歩んできた過去については、どのように思っているでしょうか。

どんなに現実を変えようと思っても、過去について、後悔や執着をしているうちは、物事は前には進みません。

後ろを振り返らずに、前を向いて歩く、ということは、とても大切なことでしょう。

では、過去については、どのように捉えておいたらいいのでしょうか。

どんなに苦しく辛い過去であっても、あなたが歩んできた人生は、あなたにとって確かな経験であり、貴重な財産です。

どう思おうとも、そこで過ごした日々は確かに存在していたのです。

過去を否定するのではなく、全てを受け入れること。

過去が間違いだったのではなく、その経験があったからこそ、今の自分に至れたということに感謝しましょう。

嫌だという気持ちではなく、ありがとうを以て過去を捉えることにより、新たな思考が芽生えるでしょう。

起こった出来事は変えられませんが、物事のニュアンスは如何様にも変えることが出来るのです。

自分自身を肯定して、素晴らしき未来を手に入れるとき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村