2021解説

他者との関わり合いを改めるとき

☆うま年 他人の役に立つ事が本当の生き甲斐と悟る大吉日

東京新聞TOKYO Web
令和3年9月19日から引用

皆様は、どんな時に喜びを感じますか。

すぐに想像できるのは、自分の身に何か良いことが起こった時でしょう。

では、自分の行為によって他者が喜んだとしたら、どう感じるでしょうか。

私達は、多くの他者と共存して生きております。

生活する上で、他者との関わり合いは避けられないでしょう。

他者と接したとき、楽しく接するのと、つまらないと思いながら接するのでは、どちらが喜ばしい時間でしょうか。

私達は、自分一人で感じるよりも、他者と共感することにより、感情が倍増します。

自分一人の喜びよりも、他者と共感できる喜びにこそ、幸せを感じることが出来るはずです。

他者を避けるのではなく、他者と共感することを選んでみませんか。

喜びは、他者との関わりの中にあるのです。

他者の中に人生の醍醐味があるを知るとき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村