2021解説

相手を説得したいときどうするべきか

☆い年 他人がアドバイスをくれるが程々にしなければ悪害ともなる。注意せよ

東京新聞TOKYO Web
令和3年7月27日から引用

私達人間は、それぞれ異なった価値観で以て生活しております。

そのため、自分が分かることを相手が分からなかったり、相手が分かることを自分が分からない、ということがあるでしょう。

社会というのは、こうした異なった人間で構成されておりますから、他者のサポートをしたり、他者からサポートされることもあるでしょう。

さて、人はこうして支え合って生きている訳ですが、価値観が違う分、衝突することもある。

もしも相手の価値観が間違っており、自分の価値観が正しい場合、あなたはどう相手と接するでしょうか。

少しアドバイスをしますか、しっかり説得しますか、相手の価値観に合わせて話しをしますか、価値観は違うものだと割り切って接しますか。

他者からのアドバイスというのは、自分では理解できていなかったことの場合、かなり有益なものとなるはずです。

しかし、他者を説得しようとした場合、相手が受け入れるかどうかは相手次第ですし、そもそも相手が現状から変わりたいと思っているかも分からない以上、自分本位の話しにしかならないかもしれません。

適切なアドバイスは吉となるかもしれませんが、執拗な説得は、相手の価値観をさらに狭めることがある。

人間の価値観というのは、結局のところ自分自身で気付かない限り、変わることはないのです。

そのため、もしも相手を変えようと思っているのなら、相手の心が閉ざされるような話し方は止した方がいい。

相手自身が気付けるような話し方で以て、あなたの変えたい人と接するように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村