2021解説

自分の心が何に向かっているのか

☆い年 心が静かになればなるほど、尊い音声が聞こえてくる

東京新聞TOKYO Web
令和3年7月15日から引用

世間の日常は、嘘と偽善で塗り固められているかもしれません。

しかし、あなた自身は、そうした日常では苦しいでしょう。

心が何かにとらわれ、感情的になればなるほど、この世界は生きにくいものです。

反対に、心が自由であればあるほど、この世界の良い面が見えてくるはず。

世界の美しさを知るためには、心は静かでなくてはいけません。

朝、目を覚ましたときに、あなたは何を感じますか。

目覚ましベルとテレビのニュースでしょうか、朝日と小鳥の鳴き声でしょうか。

同じ世界を生きていても、心の状態によって、生きる空間は違うのです。

慌ただしい日常を生きるのか、静かで豊かな日常を生きるのか。

あなたの心が何に向かっているかにより、生きる世界が違うということを心せよ。

いつでも生き方は変えられる。

すべては、自分次第であるということを忘れるな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村