2021解説

生き方の段階を上げるとき

☆い年 如何なる時でも宇宙本体に抱かれている。されど努力工夫は必要

東京新聞TOKYO Web
令和3年6月20日から引用

この世の中は、常に絶妙なバランスで成り立っています。

動物、植物、大気、天気。自然界に存在するものは、どれもが世界に意味を持っています。

では、人間はどうでしょうか。

地球における私達の存在意義は一体なんでしょう。

人が地球でしていることといえば、自らの利や欲のために地球環境を乱雑に扱っている、ということでしょうか。

しかし、私達人間がどんなに地球環境を破壊しようとも、地球は人が住める環境を維持し続けております。

そろそろ私達は、地球における人の立場を理解するべきでしょう。

地球は、私達人間に与えられた、経験を生み、学びを得るための場所である。

そして人が生きるということは、私達の考えが及びもしない仕組みの中で生かされているということなのです。

どう生きようとも人間の勝手ですか、知的な意志のある存在として、生き方の段階を上げるべき時がきているのではないでしょうか。

私達一人一人が生きることへの意識を高め、日々の暮らしで工夫・努力することにより、種として次なる段階へ進むとき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村