2021解説

自分の波長を維持すること

☆とり年 時は真実を暴く。不利な立場でもやがて解消する

東京新聞TOKYO Web
令和3年6月18日から引用

生きておりますと、理不尽な場面に遭遇したり、不遇な扱いを受けることがあるかもしれません。

そうした時というのは、納得がいかず、憤りを覚えることでしょう。

では、そこで声を上げればいいのか、といえば、声を上げたところで変わらないこともある。

さて、物事には波長というものがあります。

この世の中は、様々な波長が入り乱れておりますので、自分に合わない波長の出来事が起こることは、ある程度は仕方がないこと。

しかし、波長は合うもの同士が引かれていくので、時間をかければ、自然と波長が合うものが集まってくる。

自分が自分らしくいることを止めず、自分の波長を維持することを止めなければ、それは周りに伝わり、物事は動いていくでしょう。

一時の出来事に惑わされず、自分らしく生きていくこと。

自分がどう生きていきたいのかを明確にして、その波長を維持すれば、自ずと物事は定まっていくと心得ましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村