2021解説

ぬるま湯に浸かることのないように

☆う年 上位の役職は高い枝に居ると同じ。いつ切られるやも知れず

東京新聞TOKYO Web
令和3年2月24日から引用

人の力は、どうやってついていくのでしょう。

もちろん、自分で勉強して力をつける、ということは当然のことですが、人や社会に育ててもらうことこそ、人の力を伸ばすことになる。

人や社会からの学びというのは、一見分かりづらいこともあるでしょう。

親切に教えてくれるということが、育ててくれるということではありません。

例えば、けなされるだけだとしても、叱られないようにすることにより、力が付く場合がある。

人の力というのは、責任やプレッシャーを負いながらもがくことにより育つのです。

ぬるま湯に浸かって、努力することを忘れないように。

人生の学びは、生きる限り続くということを忘れずに、今出来ることを為すとき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村