2020解説

他者に対する偏見から離れるとき

☆とら年 他人より尊重されて高揚する。他人に偏見を持たず向き合うべし

東京新聞TOKYO Web
令和2年11月19日から引用

皆様は、他者と接するとき、相手の何を意識しますか。

職業でしょうか、身嗜みでしょうか、体型でしょうか、顔でしょうか、雰囲気でしょうか、他者からの評価でしょうか。

私達は、知らず知らずのうちに、相手に対して偏見を持ち、自分の見たいように相手を判断してしまう傾向があります。

しかし、向き合っている相手は、本当にあなたが思っているような人物でしょうか。

あなたの自分勝手によって形成された人物像ではありませんか。

私達は、誰もが尊く、誰もが認められる存在である。

他者に対する偏見を捨て、まっさらな感覚で他者と接するとき。

相手の新たな一面を知り、お互いに尊重し合う人間関係であれ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村