2020解説

自分の中の身勝手な価値観と向き合うこと

☆とら年…夜間に犬の遠吠えを聞く。困難に付け込む魔物ある知らせ

東京新聞TOKYO Web
令和2年1月12日から引用

この世の中には、道理の分からぬ人間が、少なからず生きております。

人を傷付けること、人を陥れること、人から奪い取ることについて、罪の意識よりも、正しさや喜びを感じる人間達です。

彼らは彼らの価値観があり、その価値観にそった行動をしているため、話しをしたところで意思が通じる訳でもありません。

さて、ではそうした人間達は、どれほど間違っているのでしょうか。

人として正しい訳ではないし、許されることをしている訳でもありません。

しかしながら、私達は皆、大なり小なり、自分の価値観にそって、自分勝手に行動してはいませんか。

理屈が分からず、自分を通すという点においては、道理の分からぬ人間と変わりはないのです。

人の弱みや困難につけ込み、自分の都合を通さぬように。

正しく生きるというのは、人の気持ちに寄り添い、相手を尊重するのだということを忘れぬように。

相手に感謝し、自分にも感謝できる人間で在りましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村