2019解説

自分の望みは、自らが気付くものである

☆う年…誠は夢に兆す。夢の判断を大切にして難を免れる

東京新聞TOKYO Web
令和元年12月8日から引用

皆さまは、自分が自由意思によって物事を選択していると思っているでしょうか。

それとも、物事に選択肢がないから、ただ仕方なく選択していると思っているでしょうか。

どちらにしても、自分の人生に満足している人は、殆どいないことでしょう。

さて、何故、自分の人生に満足できないのか。

それは幸せになるための要素が足りていないからですか、外見や能力があれば、お金や異性、仕事が充実していれば、人生に満足できますか。

否、私達は、何かの要素によって幸せになる訳でも、人生に満足する訳でもありません。

何故、人生に満足できないのか、それは、自分の本当の望みに気付いていないからです。

自分が本当は何を望み、何を選択したいのか。

自分に素直になり、内省して見つめてみましょう。

自分が幸せで、周りも幸せ、その幸せの繋がりの中で生きること。それはそんなに難しいことではありません。

まずは、幸せになれない思考から離れることです。

自分が今まで選択してきたことは、自分が生きてきた価値観の癖で選択してきたことである。

これからは、自分の魂が望み、心が満たされるような選択をしていくこと。

幸せには、いつかなれるのではなく、いま成るのだということを忘れぬように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村