2019解説

他者の個性を受け入れることは、自分らしく生きる第一歩である

☆うま年…社会性豊かでなくても良いが、他人を排除しようとする姿勢は今すぐ改めよ

東京新聞TOKYO Web
令和元年11月17日から引用

人は、他者を比較・評価することをやめることはできません。

それは感じることですので、感じることを感じないようには出来ないのです。

さて、人はそれぞれ違う。そのことをどれだけ認められるかが、この世を生きていくコツの一つです。

他者に対して感じていることをどう消化していくのかは、自分の心掛け次第でしょう。

ときには、他者への評価が批判に変わり、差別となることがあるかもしれません。

しかし、人を批判し、自分の世界から排除しようとする考えはいけません。

私達がすべきことは、変わらずに自分らしく生きることです。

どんな相手と接していようとも、自分自身は、自分らしく誇り高く生きていかねばなりません。

自分らしく生きることが出来ていれば、自ずと人間関係は整っていく。

甘えさせるのでもなく、寄り添うでもなく、自分らしく志しに向かい生きていきましょう。

相手は相手、自分は自分、同じようには生きられないけれど、それぞれの個性があるということ事実を、ただ受け入れるように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村