2019解説

自分の個性は、自分では気付いていないものです

人間は才知あるから苦しむものである

東京新聞TOKYO Web
令和元年11月6日から引用

人には誰しも個性があります。

その個性というのは、本来の自分らしさといってもいい。意外と自分では気付けいない才能です。

また、その個性とは別に、何となく得意なことというのがあるでしょう。

そうした得意なことを、人はとかく自分の才能・個性なのだと勘違いをしている場合があります。

本来の自分らしさではない、生きてきた中で身に付いた特色というのは、時に自分らしさを見失ってしまう執着となる。

自分が思っている自分は、本当に自分らしい自分なのか、一度内観し改めてみるのもいいでしょう。

自分では気付けていない、自分らしい自分と、自分らしい個性・才能に出会うチャンスとなるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村