2019解説

自分の価値観と相手の価値観について

☆とら年…人間の分別が偏見ともなる。今日一日をどう過ごすかという大問題に専念せよ

東京新聞TOKYO Web
令和元年11月2日から引用

人はそれぞれ、考え方や感じ方が違います。

そうした自分独自の価値観は、どんなに理解してもらおうとしても、相手と共有する事は難しいでしょう。

自分に考えや想いがあるように、相手にもその瞬間瞬間で感じること、考えることがある。

同じものを見ながら、全く違うことを考えているかもしれませんし、自分にとっての当たり前は、相手にとっては理解できないものかもしれません。

人と人というのは、所詮は他人同士なので、自分の一方的な価値観を相手と共有できなくて当然です。

人と関わる上で大切なことは、自分の価値観が絶対だと思わないことです。

自分の価値観を信じることは良い、しかし、自分の価値観が、相手にとっても良いものだという認識は改めなくてはなりません。

価値観は人それぞれ。

自分の価値観に執着せず、相手の価値観を尊重すること。

そうしてお互いに認め合い、尊重し合うことにより、価値観が和合する。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村