2019解説

問題が起こったとき、どう思うべきなのか

☆うし年…有ると思っているものが無い、水の月。収穫少なき日

東京新聞TOKYO Web
令和元年11月1日から引用

物事というのは、何事も問題なく進むことなど有り得ないでしょう。

良くも悪くも、想定外・予想外のことが起こり、その都度対処していかなくてはなりません。

さて、私達がそうして問題だと感じることは、果たして本当に苦しむべき問題なのでしょうか。

もちろん、問題が発生し、物事が頓挫したり、変化が起こることについては、良いとは思えないかもしれません。

しかし、物事というのは、常に移り変わっていくもの。

そして、人の作ったものなどは、何かしらの不具合があって当然のものです。

世の中の問題を問題たらしめているのは、物事についての在り方を決めつけている私達の固定概念によるものである。

物事に対する思い込みや決めつけから離れ、起こる物事すべてを受け入れてみれば、この世に問題などはなく、ただ有りの儘であることに気付くことができるでしょう。

意識の在り方を変えることで、何事にも対応できる順応力を得るとき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村