2019解説

人生を乗り切るコツは心の在り方にある

☆ね年…困難あればしばらく待つべし。無暗に慌てる事なかれ

東京新聞TOKYO Web
令和元年10月31日から引用

物事というのは、大きな波のようなもの。

盛り上がることがあれば、凪のように落ち着くこともあります。

さて、物事は、流れに乗っている時は良いのですが、物事が停滞し、立ち止まり、動く先を見失ったとき、人は、あがき苦しむことがあるでしょう。

次第に気持ちが落ち込み、何をすべきなのか途方に暮れてしまうこともある。

そうしたとき、今までの延長で物事に取り組むことや、新しい物事を探すことも重要なことですが、思い切って新しい波が起こるまで待つのも良いでしょう。

大切なのは、何を選択するにしても、心は自由であり、何事もうまくいくと信じることです。

自分の心が広く穏やかで活力を失わない限り、物事は必ず好転していく。

継続と探求と変化を受け入れ、人生の波を得るとき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村