2019解説

感謝の心によって人生が変わる

☆み年…心の眼が開くと、一枚の紙や一滴の水にも仏を見る。感謝の日とせよ

東京新聞TOKYO Web
令和元年10月24日から引用

物事は、心の感じ方によって如何様にも変わるものです。

同じ物事を経験しても、人によって、感じ方によって、全く異なる経験となる。

故に、人生というのは、何をどう感じるのかである、といってもいいでしょう。

さて、人生が感じ方次第であるのなら、良い心持ちであればあるほど、幸せを感じられることになります。

そして、良い心持ちで在るために必要なことは、物事への感謝なのです。

私達は、人の縁や、偶然という名の必然によって生まれ、人の助けによって、生き物の恵みによって、科学の力によって、見えない力の支えによって、生かされている。

目の前にある一つ一つの物事を想像し、感じ、有り難いと思える心に気付くこと。

人生のすべては、物事を深く受け入れ、広く感じる心次第である。

感謝によって、人生が変わるとき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村