2019解説

意識を広げてみると、世界の姿は変わっていく

☆み年…庭の草刈りから大地の力を感じる。掃除して泰平日

東京新聞TOKYO Web
令和元年8月24日から引用

私たちは暮らしの中で、見たいものを見て、感じたいことを感じて生きております。

関心のあるものの中に生きているといってもいいでしょう。

そのため、自分の関心から外れたものに関しては、目の前のことであっても見逃していることがあります。

自分のことばかりにとらわれていると、今の現状や世界の本当の姿を感じることは出来ないでしょう。

さて、時には、日頃しないことをしてみましょう。

室内にばかりいる人は、外を歩いてみるといい。下ばかりみているのなら、上を向いて歩けばいい。街路樹を眺めたり、小鳥の声に耳を傾けるのもいい。

視野を広く、意識を広げていけば、今まで感じたことのない物事に出会うことでしょう。

この世の中は、自分が思っているような世界ではないのです。

自分がいかに固定概念に縛られ、つまらないものに意識を向けさせられていたことに気付くことができれば、それは自分のこれからにとっての大きな一歩となる。

心の掃除の大切さを知る。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村