2019解説

社会の価値観の中で生きる自分について

☆とら年…人間は集団にいて甘えが強くなる。集団を離れて眺めよ

東京新聞TOKYO Web
令和元年8月21日から引用

人は自分の価値観よりも、社会の価値観や他人の価値観を優先する傾向があります。

子供の時分から、自分ではない他の価値観を尊重して生きておりますと、自分自身の価値観とは何なのか、分からなくなっている方も多いことと存じます。

常識や当たり前という言葉で、生き方そのものを並列化、定義化されて、右と同じような生き方を強要される。

そうした社会においては、長いものに巻かれて、世の流れに流されて生きてしまうのも当然でしょう。

しかし、他の中にいるうちは、自分らしく生きることは叶いません。

自分らしく生きるというのは、自分の価値観を以て生きるということ。

そのためにも、まずは、自分自身を知ることです。

自分が何を求めているのか、何に気を遣い、何に我慢しているのか。本当はどう生きたいのか。一生を終えるときに、何を成し遂げたと思いたいのか。

欲や願望を満たす生き方などは、浅はかでつまらない生き方です。

自分が本当に望む生き方が見えたとき、自分らしく生きることの意味に気付くことになるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村