2019解説

感謝の心を以て世の中を想像してみましょう

☆いぬ年…何事にも感謝の心が大切である。現在のプライドは捨てるべし

東京新聞TOKYO Web
令和元年8月17日から引用

私たちは、この世の中を当たり前のように生きておりますが、その有り難さについて、考えなくてはなりません。

この世の中は、繋がりによって出来ております。

人は、人と人との繋がりによって生まれ、食べ物は、地球と人との繋がりによって運ばる。衣服も然り、電波も然り、この世界は循環という繋がりの中にあります。

こうした繋がりを認識していくことは、自分が何によって生かされているのかを知る上で重要なこと。

例えば、食事をするときに、食材に感謝し、食材を販売した人、運んだ人、作った人、種、雨、土地、地球の恵みに感謝する。

そうして、一つ一つの物事を考え想像していきますと、私たちは生きているのではなく、お陰様で生かされていることに気付くことができるでしょう。

想像力は、感謝の心を以てこそ活かされる。

物事や世界に感謝すればするほど、自分の独りよがりな生き方から離れることが出来るでしょう。

感謝の心を大切にするように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村