2019解説

今の自分を知るためにはどうしたらいいか

☆とら年…鏡で姿を見るより、人を鏡として自己をみて前進

東京新聞TOKYO Web
令和元年8月9日から引用

皆様は、自分のことをどういう人間だと思われますか。

私たちが自分のことで認識できていることは、本当の自分の姿でしょうか。

鏡を見たところで、内省したところで、自分の今の姿というのは、自分ではなかなか分からないものです。

さて、より良く生きるために、青写真を描き、未来のあるべき自分として日々を過ごすことはとても大切なこと。

しかし、自分の現状を理解することは、同じくらい大切なこと。

自分の今を知るには、他人から教わるのが一番です。

自分が日々接している人々が、自分のことをどういう風に見て、どう感じているのかを観察してみましょう。

他人が感じている自分こそ、今の自分の現状である。

誰も知らない自分などは、誰も知らぬまま終わってしまう。志は、持っているまま朽ちてしまうでしょう。

未来を創る力は、今を動かす力である。今の自分を変えられなくては、未来の自分は成り立ちません。

今、出来ること、今、感ずるべきことを取り違えないように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村