2019解説

恩に報いるということについて

☆うし年…親に背き、師に背き、恩ある人に背く。恐ろしき心を改めよ

東京新聞TOKYO Web
令和元年7月27日から引用

私たちには、恩人と呼べる人がいるでしょう。

特に親というのは、両親がいなければ自分は存在していないと思えば、大変に有り難い恩があります。

しかしながら、私たちは、親や、師を無下にしたり、避けたり、逃げたりする。

これは恩に背く行為なのでしょうか。

恩は一方的なものではないのです。

子は親のお陰で生まれることが出来ますが、親は子のお陰で親になることができる。

それなのに、子が親に求めすぎたり、親が子に求めてばかりいれば、良い関係とはいえないてしょう。

では、恩に報いるというのは、どうしたらいいでしょう。

恩人の言う通りにする、というのは、決して恩に報いることではありません。

恩人といえども唯の人。

時には正しいことを言うかもしれませんが、大いに間違うこともあるでしょう。感情のやり取りになれば、誰にとってもいいことにはなりません。

では、恩に報いるとは。

それは、自分らしく生きるということです。

自分を大切にして初めて、人を大切にすることができる。自分の道を歩んで初めて、人の道が理解できる。自分らしく生きて初めて、互いの尊厳に気付くことができる。

従うのではなく、逃げるのではなく、共に自分らしく生きるということ。

人と向き合うことは、自分と向き合うことだと知るとき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村