2019解説

自分にとっての成功を求めている方へ

☆さる年…完成より欠滅が始まる。未完成を喜ぶべし

東京新聞TOKYO Web
令和元年7月22日から引用

人が何かを成すとき、それが成功することを願いながら行動することでしょう。

仕事の成功、夢の実現、思想の現実化。

しかし、その行動にゴールはあるのでしょうか。物事の完成・成功とは、一体なんでしょう。

物質を造るなら、確かに完成があるのかもしれません。

しかし、自分の夢や理想の実現に、目標はあっても、ゴールはないはず。

ゴールがあるということは、その物事は伸び依がないということになります。

何かを成して喜ぶのではなく、常に挑戦し続けられる高い理想を掲げ、前進し続ける、その姿勢の中でしか成すことができない現実があるのです。

物事は、起こるから成功なのではない。過程こそが成功そのものである。

自分の成功とは何を指すのか。

結果にこだわらないこと。人生とはそもそも過程であるを知る。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村