2019解説

私達は、何を以て幸せを感じるのか

☆うし年…財宝の満つる事は百害起こる前兆なり

東京新聞TOKYO Web
令和元年7月15日から引用

皆様は、急に大きな額の収入があったとき、どうされますか。

もしも数千万、数億円の資金が出来たとき、どういった心境になるでしょうか。

欲しかった物を買う、仕事を辞める、不動産に投資する、高級なお店に行く等々

おそらくは、今まで出来なかったことをして、生活を変え、その資金を無くさないように、未来について考えるようになるのではないでしょうか。

それで人生が救われた、と思うかもしれません。

では、人生における害とは、一体何でしょう。

お金を持っていないことは、人生における害でしょうか。

良い仕事に就いていないこと、良い伴侶がいないこと、貧乏なこと。

それらは確かに、辛いかもしれません。しかし、それが人生の害ではありません。

人生における害とは、心の悪しき働きのこと。

心というのは、環境により、状況により、変化していきます。

人は、心によって幸せになるし、不幸せにもなる。

大きなお金を得て幸せだと思うのは、お金がない状態が変化したためですが、そのお金がある状況に慣れれば、幸せを感じなくなるでしょう。

寧ろ、お金を得たことによって、物事に対する感謝の心や謙虚さが失われ、心が傲慢に働くこともある。

人生とは、心である。

財宝に目を奪われ、大切なものを見失わないように。

どのような状況であっても、高い志しを持ち、心を確かにしておくこと。

揺るぎない心は、どのような状況であっても幸せを得ることが出来るを知るとき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村