2019解説

人生における安心とは何か

☆う年…湖水に強風吹き来り。浮船は一時迷うも大難は起こらず

東京新聞TOKYO Web
令和元年7月5日から引用

みなさま、自分は安泰だと、思ったことはありますか。

大手の会社に就職できたとき、管理職に就いたとき、結婚したとき、マイホームを購入したとき、暮らせるだけの年金が貰えたとき、宝くじに当たったとき、副業が波に乗ったとき、働かなくても食べていけるようになったとき等々

人と自分を比べ、また自分の価値観によって、もう大丈夫だと思うことがあるかもしれません。

しかし、この世の中におけるそうした出来事は、人生のスパイスのようなものでしかありません。

人生とは、どうやって生きていけるかではなく、どう生きるか、何を為していくか、ということ。

安泰だと思える人生ほど、成長と学びがないものはないと反省しましょう。

この世の中は常に移り変わっています。

昨日まで安泰だったものが変容していく時、その変化を受け入れられますか。

必要なのは、環境にアグラをかくことではなく、常にアグレッシブに前進していくこと。

自分の変化を楽しむ事ができれば、世の中がどのように変化していこうとも、柔軟に対応していくことができるでしょう。

人生の安泰は怠慢、人生は変化を楽しみ幸せを感じることだと知り、新しい一歩を踏み出すとき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村