2019解説

導きに気付くは未来への第一歩となる

☆たつ年…六道の道を迷いし羊が牧者に出会う。正しき導きあり

東京新聞TOKYO Web
令和元年5月19日から引用

私達は、日々精一杯生きたところで、間違え迷う生き物です。

どんなに賢くなろうとも、どんなに地位を得ようとも、時には感情的になり、時には盲目的になり、人生のどの道を歩んでいるのか、分からなくなることがあるでしょう。

自分が、正しく前に進んでいけているのか、くるくると同じ所を回っているだけなのか、道を外れていっているのか、迷うことがあることと思います。

私達、一人一人の力など、そのようなものでしょう。

そのため、独りよがりになったり、自分が絶対正しいなど、考えてはなりません。

そうした自己本位の考えこそ、大きく道を外れる選択だということを忘れないように。

さて、私達が人生の道に迷ったとき、さまざまな形で、正しいお導きに会うことでしょう。

その導きは、時には幼児であり、時には青年であり、時には老人かもしれません。

男性かもしれない、女性かもしれない。

もしくは、一行の文章かもしれない。一冊の本かもしれない。

そうした瞬間の巡り合わせが、常に私達の前に巡ってくるのです。

そうした巡り・恵みに気付くことができるかどうか、素直に受け入れることが出来るかどうかが、自分の現状を変える選択となる。

姿形に惑わされず、その出会いに含まれたお導きを知る。

気付きの大切さに目覚めるとき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村