2019解説

自分の姿を鏡で見る 上辺だけではない所作を学ぶこと

☆ね年…些細な所作を大事にする人は成功者

東京新聞TOKYO Web
令和元年5月15日から引用

みなさま、自分の行動がどのように人の目に映っているのか、想像したことはありますか。

私達は、鏡を見ればその時の自分の姿は見ることができても、自分の日頃の仕草を客観的に見ることはできません。

他人の目に自分がどう映っているかなどは、余程気をつけなくては知りようもないのです。

大半の方は、歩く姿勢、座る姿勢、食べる仕草、話す表情、さまざまな所作について、何も気にせずに過ごしていることでしょう。

しかし、こうした些細な所作が、自分の印象を決めていることに、もっと注目するべきでしょう。

さて、是非、試していただきたいことがあります。

自分が食事をするテーブルの正面に、自分の姿が全て映る鏡を置いて、食事中、自分の姿を見ていただきたいのです。

おそらく、多くの方は、自分の姿勢・格好の悪さに愕然とすることでしょう。

所作は人を表す。

所作を気をつけられる方は、自分と向き合う時間が持てる方、多くに気付くことが出来る方です。

上辺だけではない、骨身に染みた所作により、成功を得るを知る。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村