2019解説

失敗し易い時とは、どのような時でしょうか

☆さる年…ゆっくりと歩み、しっかりと立て。本日は焦り禁物。自然に随って吉運

東京新聞TOKYO Web
令和元年5月11日から引用

みなさま、想像してください。

長年求めてきた成功が目の前に見えてきた時、どのような心持ちになるでしょうか。

ようやく達成できる喜びを胸一杯に感じるでしょうか。早く達成したいと上の空になり焦るでしょうか。足元に空虚を感じ、夢の実現が急に怖くなるでしょうか。

私達の心というのは、常に様々な動きがあります。

自分で制御できるものがあれば、制御の効かないものもあるでしょう。

それでは、私達が、失敗し易い心持ちとは、どのような状態でしょう。

一つは、気持ちが大きくなったとき。

普段ではできない決断をしてしまい、後悔することがあるでしょう。

まだ、油断が生じて、思わぬ事態にも成りかねません。

一つは、事を急いてしまったとき。

決断が早いのは悪いことではありませんが、焦ることにより判断が鈍り、最良の選択が出来ない恐れがあります。

そして一つは、慎重になりすぎたとき。

失敗らしい失敗はないかもしれませんが、大きな機会を失っているかもしれません。

私達が行動するときに気をつけるべき心持ちというのは、焦らず、冷静に、しっかりとする、ということ。

物事は、頭ではなく腹で決めるということを、忘れないように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村