2019解説

人生に起こる突然の出来事への対処 心の在り方を探る

☆う年…雷鳴鳴りて動物走り隠れる。思わぬ事態に遭遇する。用心せよ

東京新聞TOKYO Web
令和元年5月6日から引用

人生には、時に思いがけないことが起こります。

とても良いこと、とても驚くこと、とても悲しいこと、それらは、何の前触れもなく訪れることがあります。

不意の出来事に遭遇したとき、人は、身動きが取れなくなるか、もしくは猛烈に働くか、そのどちらかでしょう。

その時に大切なことは、自分がどういう行動を取るのであれ、心を乱さない、ということです。

特別な出来事というのは、それだけで心が乱されるもの。

しかし、心が定まらず、感情によって左右されてしまっては、その物事をうまく持っていけず、自分の中で消化させることもできないでしょう。

突然の出来事でこそ、自分の心が試される。

起こる物事を受け入れながら、人生を好転させていくためには、心を落ち着かせるというのはとても重要なこと。

心は常に、広く、サラサラと、温かくあることです。

日頃から、物事について、とらわれない・こだわらないことを意識するように。

物事を俯瞰して見れるようになれば、その物事の真実も明らかになるでしょう。

そうして鍛錬された心によって、すべての出来事は受け入れられるのです。

物事を受け入れられるか否かは、日頃の心次第である。

常日頃の生活の積み重ねを知る。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村