2019解説

言葉とは何か 私達が頼ってきた言葉の本質に気付くとき

☆ひつじ年…真理の言葉は単純である。複雑な言葉に迷わされるな

東京新聞TOKYO Web
平成31年4月28日から引用

言葉というのは、大変便利なものです。

私達は、言葉によって成り立っているといってもいい。

言葉があるお陰で、私達は他者と意志の疎通が出来ます。

言葉が通じなくても、何かを伝えたい、その想いが乗った言葉というのは、不思議と理解できるものです。

そうして、コミュニケーションや物事を理解するツールとして、言葉に頼って生きているわけです。

さて、言葉はいつしか、本来の役割から離れて、こうして便利なツールとなってしまいました。

言葉を巧みに使える者は、言葉によって物事を勝ち取ることが出来るでしょう。

物事をある程度、意のままにすることも可能でしょう。

私達は、他者の巧みな言葉によって、程よく洗脳されて、社会にとって都合の良い価値観を植え付けられ生きているのです。

政治家や広告代理店は、言葉をいかに上手く使えるか、ということで人を動かしています。

しかし、本来の言葉というのは、嘘や方便のためにあるのではありません。

人を都合よく動かすために使うものではありません。

言葉とは本来、光を表したものです。

光やエネルギーを表現する方法として、言葉がありました。

そのため、言葉というのは簡潔でいて、すべてを包括する力があったのです。

言葉は、真実に近付くほど、単純に心に響くものである。

巧みな言葉は、何故巧みでなければならないのか、その意味を考えなくてはなりません。

積み重ねて嵩ましされた言葉よりも、一言の重みある言葉によって、言葉の在り方を学ぶとき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村