2019解説

鈍ってしまった心と他人の価値観を手放すことにより起こる変化とは

☆うし年…無心にして長く門を閉ざす象。これ何事も思い煩う事なかれ

東京新聞TOKYO Web
平成31年4月22日から引用

私達は、自分が認識している、していないに関わらず、実にさまざまなことを感じて生きております。

それ故に、その感じてしまうことによって自分自身が傷付かないように、感じていることを感じていないように、心は鈍くなる必要がありました。

子供の時分、感性が鋭い期間に、親に感じてきたこと、学校で先生や同級生に感じてきたことは、根深く自分自身の心を縛り付けております。

自分自身の感性が抑えつけられて、他人の価値観を押し付けられてきたのですから、当然です。

そうして、自分自身の感性が鈍ってしまった今、何を感じていくべきでしょう。

私達は本来、その優れた感性によって、物事を正確に読み解く力があります。

物事の真実が見えなくなってしまっているのは、自分以外の価値観が植え付けられているからに他なりません。

他人の価値観の上で、感情的に生きているのが、今の私達の現実なのです。

そうした生き方は、自分自身が苦しいだけ。

今こそ、生き方を変える時です。

今までの自分の価値観や感情は、一度すべて手放してしまいましょう。

そうして、まっさらと無心になり、今までの思考回路の扉を閉めた時、初めて自分らしい感性が湧き上がってきます。

その自分らしい感性によって物事を感じ、真実を見定めることで、今まで悩み苦しんできた煩わしさから解き放たれることでしょう。

過去から今の自分が創られるのではない。

未来の自分らしさが、今の自分を創るのです。

自分の感性を大切に生きてまいりましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村