2019解説

人生における苦労の意義について

☆とり年…難儀をした者は心を堅固にするが、頑固にはならぬように

東京新聞TOKYO Web
平成31年4月18日から引用

人生における苦労とは、何の為にあるのでしょう。

私達は、誰もが皆苦労しております。

その苦労とは、一人一人異なるものです。

恵まれた境遇と不遇な環境であれば、背負う苦労は違うでしょう。

小さな苦労を苦にする人がいれば、全く気にせずに進んでいける人もいるでしょう。

人と比べて、どちらが苦労が多いかなどは、量りようがないのです。

ある人にとっての幸福が、ある人にとっての不幸の場合もあります。

また、人生の転機が起きたとき、全く違う苦労を背負うこともあります。

さて、人はそうして自分に与えられた苦労を致しますと、人生について投げやりになることがあるでしょう。

どうせ自分の人生に良いことはないと、自分の本音を隠し、流されるまま、生きることもあるでしょう。

しかし、そうして本当の心を固く閉ざしてしまうと、人生は好転する機会を失ってしまいます。

人生における苦労とは、自らを変える一歩を踏み出すためにある。

どのような環境であっても苦労が起こるのは、今の環境で満足してはならないという導きです。

今の自分よりも、もっと向上した自分になるために、険しく見える道を進んでいく一歩を踏み出す必要がある。

苦労は買ってでもせよ、という故事がありますが、苦労して得た経験というのは、他では得難い自分の肥やしとなります。

そして、苦労の先にある人生は、今までの人生とは全く違った広がりある人生です。

苦労によって心を固くするのではなく、その心のエネルギーを、苦労を受け入れて進む強さに変えるとき。

苦労を苦労としてではなく、新しい物事の始まりととらえて、万事発展。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村