2019解説

日々、仕草の中に表れるものについて

☆たつ年…履物の脱ぎ方にその人の心が表れる。小事を侮るな

東京新聞TOKYO Web
平成31年4月13日から引用

私達は、自分では気付かないうちに、他者から評価されているものです。

外見、話し方、立ち振る舞い。

それらはある程度は訓練によって身につくものです。

しかし、日々のちょっとした仕草というのは、本人にとっては無意識の何気ないことであっても、他者から見れば心に残ることがあります。

そうした気にも留めていない何気ない仕草の中に、その人物の隠しきれない生き方が表れるのです。

一見すると丁寧で誠実に見える人物であっても、ちょっとした仕草が乱暴であれば、他者の目からは乱暴な人に映ることでしょう。

他者からどう映るか、ということは、そのままその人の生き方と直結しています。

さて、日々の暮らしが静かで丁寧であること。

これほど豊かな時間の過ごし方はありません。

どのような物事に対しても、感謝して手を合わせるような動作ができれば、その人生は、輝きに満ちたものになる。

どうか、一つ一つの仕草を丁寧に生きて下さい。

一つ一つの物事について、丁寧に取り組んでください。

そうした日々の丁寧な積み重ねが、その人の人格を作り上げるのです。

今世における積み重ねを侮らないように。