2019解説

道徳とは何か

☆う年…食事しなければ味がないように道徳を学ばざれば善事なし

東京新聞TOKYO Web
平成31年4月12日から引用

人が守るべき道徳とは、何でしょうか。

私達は、社会・世界の中で生きておりますので、他者と共存し、価値観を共有しております。

その中で、絶対に許されてはいけないことが、確かにあります。

守るべきモラルや秩序もあるでしょう。

この社会では、そうしたものを道徳として、その価値観を共有しております。

さて、それでは道徳とは何か、と聞かれた時、その答えは統一化されているのでしょうか。

おそらくは、十人が十人、違う道徳観を持ち合わせていることでしょう。

実は、道徳というのは、個人的な価値基準でしかありません。

では、道徳とは何なのか。

道徳とは、自分の内側との意識統合を表しています。

日々の生活の中で、世間・社会で適合するために作り上げた外側の上辺の人格を、自分の内側にある、魂としての気付きの本質と統合すること。

それこそが、道徳の本質なのです。

人の道徳観とは、その人の良心と言い換えてもいいでしょう。

そしてその良心とは、魂の本質に他なりません。

私達は、物事を細やかに感じ取ることができるし、その物事の真実に気付くことができる。

その気付きの本質は、魂としての自分自身です。

人に押し付けられた道徳は、何の意味もない。

しかし、様々な道徳観は、自分の意識を広げる糧となります。

世界の道徳を見つめ、自分自身を内観し、自分自身の道徳に目覚めること。

それこそが、自分らしく生きる道であることに気付き、善事を得るでしょう。

自分自身の本質を侮らないように。

誰もが最良に生きる道があるのです。