2019解説

自らの過信とこの世の仕組みを知る

☆とら年…宇宙自然は秩序を保って展開する。人とて同じ

東京新聞TOKYO Web
平成31年4月11日から引用

この世界は、絶妙なバランスの上に成り立っております。

バランスが保たれる仕組みが、この世界を支えているといってもいいでしょう。

宇宙のバランス、地球のバランス、生態系のバランス。

人間が好き勝手に森を壊し、動物を乱獲し、廃棄物を撒き散らしても、何とか地球が崩壊せずにいられているのは、この地球のバランス感覚のお陰ということです。

しかし、そのバランス感覚に甘えていては、人類としての成長は望めません。

さて、このバランス感覚は、人の身体にも存在しています。

心のバランス、身体のバランスを保とうとする仕組みがある。

私達は、日頃から何事に対しても鈍感になりすぎました。

地球の悲鳴、生態系の悲鳴、自分自身の身体や心の悲鳴について、その声に気付き、耳を傾けなくてはなりません。

秩序に甘えて、取り返しが付かないところまで行き過ぎないように、足を止めて、自らを省みる必要があります。

今どうにか生きていられるのは、生まれながらに備えていただいたバランス感覚のお陰様である。

自分自身の力を過信せずに、この仕組みに感謝し活用することにより、物事の発展を得る。