2019解説

人生の舵取りは自分である

☆う年…帆船が雨中を下りゆく。導く者の妙技にて困難を乗り切る

東京新聞TOKYO Web
平成31年3月19日から引用

人生において、絶妙な判断が必要になることがあります。

判断を間違えると、結果が大きく違ってしまう場面です。

さて、その困難を乗り切るためには、どのような力が必要でしょうか。

自分では無理だと思い、人を頼っていては、いつまでたっても自分自身で決断することはできません。

人は迷います。

しかし、全く迷いなく真実を見つめることの出来る自分も内側にいることを感じているはずです。

その自分の感覚を信じること。

決断は、感情に任せてはいけません。

私達の人生を惑わすのは感情。

私達の人生を導くのは自分自身である。

自分の感情に惑わされず、内側からの感覚を信じて判断するが、人生の妙味である。