2019解説

時の流れの真実を知る

☆うし年…悲しみは長夜の如し。されど必ず明ける

東京新聞TOKYO Web
平成31年3月17日から引用

どんなに悲しみの中にいても、いつかはその悲しみから抜け出さなくてはなりません。

どんなに苦しみの中にいても、いつかはその苦しみから抜け出すのです。

私達は、過去から続く「今」に執着しております。

自分という人間は、過去から続いており、なかなか変えることはできません。

自分を取り巻く環境も、今までの延長として考えてしまうでしょう。

悲しいこと、苦しいことがあると、その感情の中にいつまでも居てしまう。

これは、楽しいことであっても然りです。

この世の中は常に移り変わっているのに、私達は、過去から続く「今」という時間を握り締めている。

しかし、この世の真実は、時間というのは、未来から「今」へと流れています。

どのような未来なのか、それを定義するのは今の自分です。

時の流れに逆らわぬように。

時は、過去からの延長ではなく、未来から流れていることを忘れぬように。

すべてを転換するとき。