2019解説

心を広げるということ

☆たつ年…海上に帆舟浮かびて雅趣あり。芸術方面に良きかな

東京新聞TOKYO Web
平成31年3月7日から引用

趣や風情というのは、心が何かにとらわれていると、なかなか感じられないものです。

例えば、多くの方は、電車の中でスマートフォンやタブレットを観たり、本を読むことでしょう。

電車の窓の外の風景について、気にとめる方は少ないかもしれません。

心の機微に触れる花鳥風月が過ぎ去っていることに、気付きもしない。

そうして私達は、日々大切な何かを見落としているのです。

風景が何だ、と思うかもしれません。

では、スマホでSNSをしたり、動画を観たり、ゲームをすることで、あなたの心の豊さは養われるでしょうか。

心は、広げようと思わなければ、開いていきません。

自分の世界へ内へ内へ籠もるような生き方をしていると、心はどんどん狭くなってしまう。

自分の関心があることにだけ執着して、周りの人や世界に対しての関心がなくなっていけば、世界の真実に気付けなくなる。

自分の心一つで、世界は美しくも醜くもなるのです。

美しいものを見落とさないように、心を広げるとき。