2019解説

あなたは事実を見ているか

☆とら年…目の前の事実以外に、他に世界はない。今を大切にせよ

東京新聞TOKYO Web
平成31年2月21日から引用

私たちが見ている世界について。

自分が感じている世界は、自分というフィルターを通してみた世界です。

本来の世界が、自分のさまざまな考えや思い込みによって違った意味合い・色合いに見えています。

さて、この世界に「もしも」や「かもしれない」はありません。

あるのは事実だけ。

その事実に、「もしも」や「かもしれない」を付けているのは自分自身です。

自分の思い込みや勘違いが、事実に違った可能性を見いだそうとしている。

しかし、どんなに妄想したところで事実は変わりません。

その事実に、「もしも」や「かもしれない」世界はないのです。

どうか、妄想によって足踏みすることのないように。

事実を事実として受け入れなければ、一向に先には進めないでしょう。

自分が先に進むことを妨げているのは、自分の妄想によって創られた世界に執着している自分自身である。

今をよく見ること。自分が何にとらわれているのか、見つめるのです。

すべては今に表れています。

今を見て、何をすべきか、事実を認識するとき。