2019解説

心の選択が必要なときがある

☆いぬ年…お地蔵さまは苦しむ衆生を地下より拝んでおられると気づく日

東京新聞TOKYO Web
平成31年2月17日から引用

もしも人生で苦しい時、声を上げなくてはなりません。

どうか、堪え忍ぶことのないように、自分は苦しいのだと、伝えなくてはなりません。

そのためにも、自分は何が辛いのか、その根本と向き合う必要があります。

人はとかく、自己防衛本能や現状維持本能が働き、自分がなんとか生きている現状が維持されるように、物事を考えないように、感じないようにする傾向があります。

根本の問題から目を背けることで、その苦しい状況でも生きていけるように、自分を偽っているのです。

しかし、そうした生き方では、幸せにはなれないでしょう。

自分の抱えている問題と、向き合わなくてはなりません。

そしてそれは、早ければ早い方が良い。

きちんと向き合って、その問題から卒業すること。

それが、人が幸せになれる唯一の道である。

神仏様は、人の心の選択を尊重されます。

向き合わないことを選択すれば、その意志を尊重されますが、向き合うことを選択すれば、必ず力になってくださる。

どんなに苦しくても、前を向き進む選択をすれば、差し出される手に気付くことができるでしょう。

今、選択のとき。