2019解説

心が感じることをそのまま受け入れる

☆とら年…音声を大にして叫ばず、顔色に心を表さずして人の信頼を得よ

東京新聞TOKYO Web
平成31年2月10日から引用

人の心というのは、常に働いています。

自分が抑えようと思っても、心は常に何かを感じています。

心の状態は、物事への執着の度合いによって違ってきますが、どのような状態であっても、心は自分の意志とは関係のないことを感じているのです。

さて、生きておりますと、日々様々なことが心に浮かんでくるでしょう。

そうして浮かんでくることについて、感じていないフリをして、心に蓋をしてはいけません。

心に嘘をつくと、感度が鈍っていきますし、いつかはその嘘によって自分が苦しむことになります。

心が感じたことは、そのまま感じたこととして受け入れること。

そのときに注意すべきは、心が感じたことを、感情を以て判断しないことです。

心が感じたことは、そう感じたのだなと、俯瞰して観ること。そこに感情で彩りをつけてはいけません。

心も自分ですから、その無意識の自分が感じていることは、今の自分にとって重要な要素を含んでいるのです。

その真実と向き合うこと。

心に嘘をつかないこと。

感情に振り回されないこと。

物事を感情で判断せず、常に感度を上げて真実を見つめる姿勢が、人の信頼を得るのです。