2019解説

夢実現のためにすべきこと

☆うま年…風のごとく速く攻め、林のごとく静かに止まって敵に対すべし

東京新聞TOKYO Web
平成31年2月2日から引用

この世の中で何かを成していくためには、それ相当の方法があります。

まずは、自分の志を高く持つこと。

実現できるかできないかを基準にするのではなく、心からやりたいかどうか、心から望む夢かどうかを基準にしましょう。

志がなくては、行き先がないのと同じ事、何を目指していいか分からなくては、努力のしようもありません。

まずは、自分が何がしたいのか、よく内観しましょう。

この志は、後で変わってもいいのです、今の自分が、本当にやりたい、ということが重要です。

さて、志を確かに持てば、その志に向けて日々をどう過ごせばいいかが見えてきます。

今までと同じ日々は、送らなくなるでしょう。

仕事が終わった後の時間でもいい、休日でもいい、まずは自分の志に向けた時間を持つのです。

志を確かにすると、そのことに関連した情報が巡ってくるようになります。

何かひらめきがあれば、できるかできないかではなく、まず行動する、という速さが重要な時もある。

しかし、大切なのは、焦らないということ。

志を持つと、早く実現したいと思ってしまいますが、物事が整うのに時間がかかることもあります。

焦って事を為してしまうと、かえって遠回りになることがあるでしょう。

焦らずに、しかし時にスピーディーに行動することが、夢実現のための確かな道である。

静と動のバランス感覚を養うとき。