2019解説

自分の評価は、自分で決める

うし年…良い地位にても名誉とせず。困窮しても恥としない心境たれ

東京新聞TOKYO Web
平成31年1月28日から引用

自分自身の価値とは何でしょうか。

私達は、日頃の生活の中で、自分ではない他人によって自分という人間を評価されています。

親が子供のことを決めつけたり、学校でお勉強という枠の中で順位付けられたり、社会で勝ち組負け組とレッテルを貼られたり。

しかし、そうして他人が見ているあなたは、本来のあなたではありません。

社会や組織、家族などは、自分たちの価値観の中から他の人間が抜け出すことに、恐怖心があるのです。

あなたが枠組みから抜け出すと、自分たちが否定されているような気持ちになってしまう。

そのため、執着によって、あなたが自分らしく生きる事を妨げることもあるでしょう。

しかし、そうした仲良しごっこに付き合っていては、自分らしく生きていけないでしょう。

自分の価値は、自分で決めるのです。

他人があなたのことを良く評価しようと、悪く評価しようと、それは相手が見たいように見ているに過ぎないのです。

他人や社会の評価の枠の中で生きぬように。

どんなに地位があろうとも、貧窮であろうとも、それはあなた自身の価値とは関係のないこと。

自分を信じれる人は、どんな環境の中でも、自分を変えないでいることができる。

自分が強く志して望めば、必ず望みは叶います。

自分の評価は、自分で決めるのです。

決して、自己評価を下げないように。

あなたの価値は、自己評価によって定まる。自分を信じて進んでいきましょう。

自分を芯から信じることができれば、環境は変わる。そのことを肝に銘じるように。