2019解説

人を動かす説得力とは何か

☆ひつじ年…一人にて千万人を動かす秘訣は、目の前の一人を侮らない事である

東京新聞TOKYO Web
平成31年1月22日から引用

他者を動かす力について。

人は、一人で生きている訳ではありません。

他者との関わり合いの中で、日々切磋琢磨しながら、自分らしさを探求しています。

さて、集団や組織になりますと、そのグループをまとめる人が出てくるでしょう。

そうした人は、他者に対する説得力を持ち合わせていることでしょう。

優れたリーダーであればあるほど、その説得力が高いといえます。

では、説得力とは何か、といえば、単に言葉が巧み、ということではありません。

言葉を巧く使うことで人を誘導させる人もおりますが、それは言いくるめているに過ぎず、本当の意味でのリーダーではないでしょう。

優れたリーダーの説得力とは、誠実である、ということです。

自分に対しても、他者に対しても誠実であるということ。

自分を知っている人は、自分の言葉を持っています。

自分を知っている人は、世界を知っています。

自分の言葉で、世界の真実を誠実に語ることができるからこそ、そこに説得力が生まれる。

そうした言葉は、一人に対しても、大勢に対しても、変わることはありません。

人を動かすには、言葉を学ぶよりも、誠実であれ。