見えない火に気を付ける

☆うま年…火が燃えやすき日。炎上ありがち故に何事も注意すべし

東京新聞TOKYO Web
平成31年1月9日から引用

火事が起こりやすい日、火が燃えやすい日があります。

日常においては、乾燥している日がそれに当たりますが、火というものは、燃え始めると、あっと言う間に大きくなる。

さて、火というものは、物理的に燃えるだけではありません。

私達の心の中においても燃えることがありますし、対人間で起こる場合もあるでしょう。

人のやる気を火で表現することがありますし、対象との不穏を火で表すこともあります。

こうした目に見えない火についても、厄介なのは一気に燃え広がってしまう、ということでしょう。

火種を作り、一度火が付いてしまえば、自分でも制御が出来ない程に、燃えてしまう。

目に見えない火の場合、その火種となるのは、多くの場合は言葉です。

自分で認識するための言葉もそうですし、対象に伝えるための言葉も然り。

そして、感情が、枯れ枝や薪のように火を大きく育てることになります。

火種となり得るような質の言葉は、言わないに越したことはありませんし、そこで感情的になってしまえば、制御できなくなります。

もしもどうしてもその言葉を発しなければいけない時は、最新の注意を払いましょう。

本日、言葉に気を付けること。

他の解説を読む

  • 世界は、自分の心の投影である世界は、自分の心の投影である ☆さる年…私の天地ではない。天地の私である。我心を離れよ 東京新聞TOKYO Web 平成31年3月11日から引用 私達は皆、誰もが世界の中心です。 自分を中心に世界が回っており、自分の心次第で、世 […]
  • 自分を変えることの大切さ自分を変えることの大切さ ☆うま年…立派な人物は豹の毛並みが日々美しく変わるように日々進歩する 東京新聞TOKYO Web 平成31年3月9日から引用 立派な人物とは、どんな人物でしょうか。 他の人では成し遂げることの出来な […]
  • 人が付く嘘とは何か人が付く嘘とは何か ☆ひつじ年…一つの事柄には六つの嘘が隠れるという。よく注意して人と対せよ 東京新聞TOKYO Web 平成31年3月10日から引用 物事は、表面だけをそのまま受け取っていては、その物事に隠されている真実に […]
  • 言葉の真実を聞き分ける言葉の真実を聞き分ける ☆み年…甘い酒を呑みすぎて気を失う。甘言甘美に過ぎれば身を崩す 東京新聞TOKYO Web 平成31年3月8日から引用 真実の言葉について。 人の心が動き、世の中を変えうる言葉とは、魂のこもった真実 […]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村