2019解説

新しきを得るために

☆いぬ年…一利益を得んとするより、一害悪を除いて開運とせよ

東京新聞TOKYO Web
平成31年1月1日から引用

みなさま、新春おめでとうございます。

新しい年を機に、運気を変えたいとお思いの方も多くいらっしゃること存じます。

さて、人は自分に足りないものを求めがちですが、得るために減らすことが必要であることは、あまり重要視されておりません。

新しいものを得るとは、新しい自分に成り変わるということ。

古きを捨ててこそ、新しきが入る余地があるのです。

先ずは、自分の理想像に必要のない要素を減らすということ。

自分はどう在りたいのか、どう在るべきなのかが明確にイメージできれば、今の自分に何が必要なのかが見えてくるでしょう。

新しいものを得る前に、古きを整理すること。

その手順さえ間違わなければ、運気の変化は滞りなく行われることでしょう。

一挙明徳にして前進なり。