2018解説

明けない夜はない

☆ひつじ年…東の空に日が昇りて暖かき意。順風なる吉日

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月29日から引用

どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、朝になれば、東の空から日は昇ります。

どんな朝でも、必ず、です。

落ち込んでいるとき、辛いとき、ぜひ、朝日を身体で感じてください。

よく、御来光を拝みに山へ登られる方がいらっしゃいますが、日の出はどこからでも拝むことができます。

両手を広げ、朝日の暖かさを全身で感じ、深呼吸をしてみると、自分の悩みの小ささに気付くでしょう。

人生など、悩んだところで、絶望したところで、終わることはないのです。

自分がどんな状態であっても、世界は暖かく、美しい。

どんな朝でも日が昇るように、人生においても明けない夜はありません。

すべては気付き、もうすでに夜明けであると気付くこと。

朝日が昇っていることを実感すること。

逃げ出してもいいでしょう、現状に対する悩みも執着であることに気付きましょう。

執着を手放し、意識を自由に、ただ身体で世界を感じる。

日の暖かさは、あなたに人生の夜明けを告げることでしょう。