2018解説

争わないという選択

☆たつ年…君子が山に隠れる象なり。争わず逃れて吉なり

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月26日から引用

世の中には、多種多様な人が生きております。

温厚な人が在れば、気性の激しい人も在るでしょう。

それらは、先天的な要素と後天的な要素によって、作られた人格です。

さて、生きておりますと、様々な場面に出くわします。

自分自身がどうであれ、人に巻き込まれそうになることもあるでしょう。

時には、言い争いになる場面もあるかもしれません。

そうした時、皆さまは何を思われるでしょうか。

目の前の相手よりも優位に立ち、言い負かそうとするでしょうか。

我慢をして、相手の罵倒を浴びることを選択するでしょうか。

他人との争いというのは、お互いにとって良いものではありません。

自分が行動した先にどうしたいのか、絶対的に譲ってはならない場面でなければ、争いにならぬようにヒラヒラと逃れるのがいいでしょう。

自分が折れて場が収まるのなら、大いに折れればいいでしょう。

自分が折れることなど、本当に些細なことです。

賢者は、争いを好まず。

争ったところで得るものはありません。

争わぬことで、平穏を得るでしょう。