2018解説

結果を求めずに結果を得る

☆とら年…弓を射るにはまず自分の心を正しくしてから当たることを望む。人生に同じ

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月24日から引用

正しき道には正しき心が必要である。

人は、物事の結果を重視してしまう傾向があります。

早く結果を出したいあまり、その過程を疎かにしてしまうのです。

確かに、結果は重要ですが、物事は連続性の中にあります。

本当の正しい道においては、全ての結果は過程に過ぎません。

自分という人間が進んでいく、その節々が結果であり、その全ては今までの過程でしかないのです。

結果は、あくまでも形式に過ぎないということ。

武道においては、結果を残すことが目的ではなく、精神の統一が本来の目的です。

人生においても同じ事。

目先の結果にとらわれず、自分の正しさの中を歩んでいきましょう。

正しさの中においては、自ずと全ての結果が付いてくることでしょう。