2018解説

新しい視点を得る為に

☆い年…新規の事や移転、旅行に良き日。ただし盗難に注意せよ

東京新聞TOKYO Web
平成30年12月21日から引用

本日、自分にとっての「新しい」と接するに適した日となる。

皆様の毎日は、どのようなものでしょうか。一見すると、同じような日々を繰り返されている人も多くいらっしゃることでしょう。

同じ場所へ行き、同じ物事をこなす。

それがどのような場所であっても、学ぶべきは全てその場所にあります。

しかし、その学びに気付くためには、時に自分の心の視点を変える必要があります。

さて、今までにない「新しい」に触れたとき、新しい視点を得ることがあります。

その視点を得ることで、今までの日々を、今までとは違うように見ることができるようになります。

ただ、その時に注意しなければならないのは、新しい故の喜びによって、諸事が疎かにならぬように。

物事は、熱しすぎても冷めすぎても上手くはいきません。

気を抜かず、気を入れすぎず、新しいに触れることで、その経験は最良のものとなるのです。